家売却  デメリット   トラブル  契約書  流れ  サイトマップ

個人売買の方法と注意点

家売却を行うにあたっては、不動産会社の仲介を受けるのが
ふつうであるといえます。

しかし、実際に不動産会社に依頼をした場合、契約の形態によっては
あまり親身になって取り扱ってもらえない可能性もありますし、
なかなか買い手がつかないようであれば、売却金額の引き下げを
提案されるなど、かならずしも売り手として満足のいく結果に
ならないこともあります。

さらに、成約した場合には仲介手数料がかかりますので、
いっそのこと、不動産会社を通さずに個人として家売却ができれば
楽なのではないかと考えることもあるでしょう。

こうした個人売買は、もちろん不動産が対象であっても可能ですが、
いくつか注意しておきたい点もあるといえます。

まずは、適当な買い手を見つけることができるかどうかという
ハードルがあります。

不動産会社の場合、インターネットの住宅専門サイトに物件情報を
登録するなどして集客を行いますが、個人での家売却では
そうした手段がないため、知人への口コミなどによって
探す必要があります。

もしも買い手となりそうな人が見つかった場合は、現地を案内した上で
価格やその他の条件の交渉を行う、合意ができれば契約書を取り交わし、
代金を受け取った上で、実際に引き渡すことになります。

これが個人による家売却の方法ということになりますが、
特に引き渡し後に欠陥が見つかった場合、誰が修理費用を
負担すべきかという、いわゆる瑕疵担保責任などの項目については
しっかりと契約書のなかに明記して、トラブルがないように
注意を払わなければなりません。

Copyright© 個人で家を売却してみる All Rights Reserved.